アンデスの山々に囲まれたインカ・プレインカの遺跡の数々、誰が何のために書いたのかナスカの不思議な地上絵、チチカカ湖に浮かぶウロス島で生活する人々、これらを自分の目で見たくなり、ペルーの旅に出かけました。

 南米特有のらくだの仲間、リャマ、アルパカ、ピクーニャ、にも出会うことができました。
マチュピチュ遺跡では、ワイナピチュ山に登り、また山麓アグアスカリエンテスの温泉にも浸かってきました。 
ウロス島では、トトラという葦でできたボートにも乗ることができました。
ナスカの地上絵は飛行機からと地上の観測塔(ミラドール)からの両方から見ることができました。

 この旅で撮影した写真を中心に、旅の模様を紹介します。
 

  By 高橋直紀