吹きガラス奮闘記


 以前から吹きガラスをやってみたいと思っていました。あるきっかけで吹きガラス体験教室のあるガラス工房と、公開講座を開いているガラス工芸学校が有ることを知り通い始めました。通っているうちに虜になってしまいました。

 吹きガラスとは、溶けたガラスをパイプに巻取り、息を吹き込んで食器や花瓶などを作るガラス工芸の技法です。

 溶けたガラスは熱すぎると形がくずれ、冷え過ぎると固くなって整形できなくなるばかりか、熱歪みで割れてしまいます。またガラスが柔らかいうちは常にパイプを回転していないと、重力でガラスが垂れてしまいます。

 見ていると簡単そうですが、実際にやってみるとなかなか難しく、奥の深いところが魅力です。

 吹きガラスを始めてから、少しずつ思った形ができるようになるまでの過程を、作品の写真を中心に順を追って紹介します。

  By 高橋直紀